東京の赤い羽根共同募金

Page Top

地域で募金(地区募金)

各地域にある地区協力会を通じて、世帯を対象にお願いする募金です。
この募金の推進には、地域の住民の皆さまの福祉向上を図るために、より住みよい町づくりのリーダー役である、町内会長、自治会長、隣組の組長さんなどに募金ボランティアとしてご協力をお願いしています。
これからの共同募金は、地域の様々な課題を解決し、寄付と助成が循環するように各地域に配分推せん委員会を設置していきます。
町内でお集めいただいた寄付金をお届けいただく場合、募金資材が不足した場合などは、各地区協力会へお問い合わせください。

職場で募金(職域募金)

職場で行う方法です。会社の中で実行委員会や活動グループが、共同募金や地 域の福祉に関する情報を提供し募金の呼びかけを行います。
例えば募金箱や赤い羽根を回覧して募金を募る。受付や食堂等に募金箱を置く。給料から一定額を決めて天引きを行う等です。

<具体的な協力方法>
顧客などによびかけ 店内にポスターを掲出したり、募金箱を置く。
募金機能つき自動販売機の設置 飲料購入時に募金ボタンを押すことで募金することができます。
また飲料メーカーより売り上げに応じて寄付金があります。

街頭(学校)で募金

街頭募金活動を行う場合

指定の募金箱・赤い羽根を使い、駅や近くの交差点等で募金活動を呼びかけます。
具体的には駅構内で実施する場合には駅の使用許可が必要で、事前に共同募金会で東京都内全体をまとめて各鉄道会社に申請を行い許可が出てはじめて募金活動が出来ます。
また、道路等で実施する場合には所轄の警察署の道路使用許可が必要となります。
詳細は本会事務局まで問い合わせください。(街頭募金担当 :03-5292-3182)

学校内で募金活動を行う場合

総合的な学習や奉仕体験活動の時間が導入され、共同募金会は福祉活動を学ぶために、赤い羽根募金活動への参加を提案しています。
例えば、朝夕の登下校時に赤い羽根や募金箱を使用し、募金活動を行ったり、文化祭・体育祭などで呼びかけを行います。
事前に、福祉や共同募金について学習会を行えば、関心が持たれ学習にも役立ちます。
地域の中で共同募金が使われている施設などを訪ねることも学習です。
また、募金の実施を呼びかけた後、集計後の実績報告を行うことにより、よりみなさんの理解を得られます。

ご協力いただいた主な企業、学校、団体

下記の該当ファイルをクリックしていただくと、共同募金運動にご協力いただいた主な企業、学校、団体の一覧ファイル(PDF形式)がダウンロードできます。


・平成28年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成27年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成26年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成25年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成24年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成23年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成22年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成21年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成20年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成19年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧

・平成18年度 法人募金協力企業一覧街頭募金協力団体一覧